ヨセミテ滝



雪解け水が流れるヨセミテ滝は春先に多くの水が流れ、迫力満点の滝を楽しめますが、夏にはその水量も減ってしまい、秋には枯れてしまいます。どのくらいの期間、滝が見られるか、冬に降った雪の量に左右されます。

北アメリカで一番の落差(739m)を誇るヨセミテ滝は、アッパーフォール(436m) 、ローワーフォール(97m) 、そしてその間のカスケード(206m) の3段からなります。

ローワーフォール

photo credit: Lower Fall via photopin (license)

photo credit: Lower Fall via photopin (license)

ローワーフォールはローワーフォールトレイルの簡単な道を行くと滝のすぐそばまで行くことができます。ここで春の水量が多い時期の満月の夜、水しぶきを照らす月の光で夜の虹、ムーンボウが見られることで知られています。このトレイルの途中、アッパーフォールからローワーフォールまでつながって見えるポイントがあります。

アッパーフォール

ヨセミテ滝|ヨセミテ国立公園 (1)アッパーフォールはバレーの各所から見ることができます。ビレッジやヨセミテロッジからは高くそびえたヨセミテ滝が見られます。スインギング・ブリッジからはマーセド川と一緒に見ることができます。センチネル橋のシャトルバスの停留所の駐車場からは、センチネル・ミドゥの緑の草原の向こうに広がる岩山とヨセミテ滝の壮大な風景が見られます。

アッパーフォールのてっぺんまでもトレイルがあり、滝の上まで登ることができますが、このトレイルはかなりハード。しかし途中のアッパーフォールの滝つぼあたりから見るアッパーフォールはとても迫力があり壮観です。

アメリカの世界遺産 ヨセミテ国立公園

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す