photo credit: IMG_2503 via photopin (license)

ワット・プー・カオ・トン



ワット・プー・カオ・トンはタイのアユタヤにあり、アユタヤ王朝の遺跡群のひとつです。「古都アユタヤ」の構成資産として世界遺産に登録されました。

黄金の仏塔寺院「ワット・プー・カオ・トン」

photo credit: ayutthaya via photopin (license)

photo credit: ayutthaya via photopin (license)

ワット・プー・カオ・トンは仏教寺院で、高さ80mもある仏塔が建てられています。

1387年にワレスワン王によって建立されたと伝えられています。その後、1569年にビルマのバイナウン王がアユタヤを占領した際にビルマ様式に造りかえました。そしてアユタヤ王朝再興の祖・ナレスアン王が再びタイ式に再建造します。

1754年には現在の塔が造られ、1956年には仏歴25世紀を祝し頂上に2.5㎏の黄金の珠を設置しました。このために「黄金の仏塔寺院」と呼ばれ、バンコクにあるワット・サケーットのモデルにもなりました。

ワット・プー・カオ・トンに向かって大きな参道が伸びており、寺院としての格の高さが感じられます。寺院手前には、タイ三大王のひとりナレスアン王の騎馬像が建てられています。

 

仏塔には登るとができますが、正面からではなく横からとなっています。とても見晴らしが良く、アユタヤの街を一望することができますよ。

タイの世界遺産 古都アユタヤ

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す