ワット・プラシーサンペット



ワット・プラシーサンペットはタイのアユタヤ県アユタヤ市にあり、世界遺産の「古都アユタヤ」の構成資産のひとつです。古都アユタヤは、アユタヤ王朝の遺跡群があるアユタヤ歴史公園のことです。

ワット・プラシーサンペットとは?

ワット・プラシーサンペットは、アユタヤ王朝の内の3人の王の遺骨が納められている仏教施設です。

1448年にトライローカナート王の時代に建立され、宮中儀式や王専用の礼拝堂として使用されてきました。東西に並ぶ3基の仏塔に、王たちの遺骨を納めたそうです。後に仏塔の東に本堂が建てられ、その中に高さ16m、重さ171㎏の純金に覆われた仏像があったそうです。この仏像をプラシーサンペットと言い、寺院の名前の由来となりました。

しかし、1767年、ビルマ軍の第2次アユタヤ侵攻によって、建築や仏像が破壊されてしまいます。現在は修復されたものもあり、破壊をまぬがれたものと合わせて、当時のアユタヤ建築を偲ばせる貴重な遺跡となっています。

 

首の落ちた仏像など、当時の戦闘の激しさを感じさせる遺跡です。しかし今は穏やかな空気に包まれ、ここがかつて仏教儀式を行った場所であることを思わせます。仏塔は巨大で、この高さだけでも見る価値がありますよ!

タイの世界遺産 古都アユタヤ

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す