ヴィランドリー城

フランスの世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間の ロワール渓谷」に含まれ、アンドル・エ・ロワールにあるヴィランドリー城は、左右対称の造りが素晴らしい城です。

ヴィランドリー城とは

ヴィランドリー城|シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間の ロワール渓谷ヴィランドリー城は、16世紀フランソワ1世の財務大臣だったジャン・ル・ブルトンによって建設されました。その後、200年以上に亘りブルトン家が所有していましたが、18世紀になるとカステラーヌ家の手に渡ります。

その際、ヴィランドリー城の特徴である伝統的なフランス式庭園は取り壊され、イギリス式庭園へと改修されてしまいます。それを機に、ヴィランドリー城は徐々に荒廃の道を歩んでしまいます。

20世紀に入りスペインの医師カルヴァロが、ヴィランドリー城を買収し、改修作業が行われました。それに伴いルネサンス様式の庭園も復元され、かつての美しいヴィランドリー城が蘇ります。

ヴィランドリー城の庭園

ヴィランドリー城の最大の見どころは、美しい庭園群にあります。装飾庭園、水の庭園、菜園など異なるテーマで造園がなされています。

城内のテラスや主塔からは、これらの庭園を一望できます。また、ロワール川やその支流の川の景色も楽しむことができます。ヴィランドリー城を訪れたら絶対に外せない絶景スポットです。

「ヴィランドリー城」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 フランス
世界遺産名シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
名称 ヴィランドリー城
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。