オノフリオ大噴水



 

クロアチアのドゥブロヴニク旧市街にあるオノフリオ大噴水は、ピレ門の近くにある、街の水道施設を象徴する建築物です。

オノフリオ大噴水とは?

photo credit: Spout via photopin (license)

photo credit: Spout via photopin (license)

オノフリオ大噴水は、1438年にナポリ人のオノフリオ・デッラ・カヴァによって建造されました。16角形のドーム型をしており、16面すべてに顔の彫刻が彫られ(この部分は彫刻家ピエトロ・ダ・ミラノによるものです)、その口から水が出る仕組みになっています。本来はドーム部分の天井がありましたが、1667年の地震で崩れてしまいました。

噴水の水は、12km離れた水源から引いており、飲料水として飲むことができます。川のないドゥブロヴニクで、この水はとても大切なものでした。

 

大噴水には鳩もやってきますが、追い払わずに見守ってあげてくださいね。彼らにとっても癒しの水です。また、旧市街には猫も多く見られ、人にとても慣れています。写真くらいは撮らせてくれるかもしれません!

クロアチアの世界遺産 ドゥブロヴニク旧市街

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す