トレド大聖堂



トレド大聖堂の概要

ローマ時代に城塞都市として築かれたトレドの繁栄を象徴するトレド大聖堂。大司教座のあるトレドにふさわしい大聖堂を建設することを旨として、フェルナンド3世の命により1226年に着工し1493年に完成した、スペインゴシック様式最高傑作ともいわれる大聖堂です。

トレド大聖堂は4つの側廊と22の礼拝堂からなり、スペインで一番の規模を誇っています。その後、増築を繰り返し、オリジナルの部分は少なくなっていますが、高い芸術性を維持しています。また、エル・グレコの息子である建築家のホルヘ・マヌエルも塔の一部を建築したといわれています。

トレド大聖堂の外観

トレド大聖堂(カテドラル)|古都トレド大きく荘厳な雰囲気をもつシャープな外観が印象的な大聖堂は、フランスはブルージュのサン・テチェンヌ大聖堂を参考に造られたといわれていますが、約2世紀半かかって作られた大聖堂には、ムデハル様式も取り入れられ、スペイン独特の特徴も持っています。

サファードの左には鐘楼、右側にはモサラベの礼拝堂のドームがあり、その間には3つの門が造られています。

トレド大聖堂の門

photo credit: So Much Detailing via photopin (license)

獅子の門 photo credit: So Much Detailing via photopin (license)

アユンタミエント広場に面する、ファサード正面にはゴシック様式の「免罪の門」があります。この門は通常閉じられており、大司教や一国の元首を迎え入れる時のみ扉が開きます。門の上には18世紀に造られた「最後の晩餐」のキリストと12使徒の像が一直線に並んでいます。

トレド大聖堂の右翼廊部にある「獅子の門」は手前門柱の3頭身の獅子の像から名づけられ、繊細な装飾が施されとても美しい門です。ここが観光客の使う門として開放されています。

大聖堂の北側の「時計の門」は大聖堂の門の中でも最古に造られたもの。18世紀に修復された時は針が一本しかない時計が付けられその名前で呼ばれています。観光客は通ることができない門です。

鐘楼

トレド大聖堂(カテドラル)|古都トレド (3)修復が終わって見られるようになった高さ90mの壮大な鐘楼。大きく二つの形に分けられ、下部四角の4段の創造物とその上に小尖塔がついた8角形の構造から成り、設計はそれぞれ別の人物によって造られたといわれています。

最上部の3つの冠はローマ教皇が被ったものから作られた物。もともと塔は左右に造られる予定でしたが、地盤が弱かったため礼拝堂に変更されたといわれています。

回廊

回廊はリブ・ウォールト(横断アーチとその対角線のアーチをリブとし、その隙間をセルによって覆うヴォールト)で中世西洋建築やイスラム建築様式を活かした様式で建てられています。

美しく静謐で清々しい空間が印象的です。壁一面にびっしり宗教画が続き、また彫刻も繊細で太陽の光が照り付ける回廊は、トレドの栄華を肌で感じられます。聖堂内の回廊からは、様々な種類のステンドグラスを見ることができとても幻想的です。

トレド大聖堂内部

内部には複数ある礼拝堂や総大理石の床、バラの窓をはじめとした約750枚のステンドグラスなど見どころがたくさんあります。金色に装飾された17世紀のパイプオルガンは、前にせり出したパイプも豪華な雰囲気を醸し出しています。

祭壇

photo credit: Altar via photopin (license)

photo credit: Altar via photopin (license)

高さ約30mの主祭壇にはキリストの生涯20場面を表した木彫りの衝立が置かれています。壁一面に新約聖書の各場面が描かれ、壮大なスケールに圧倒されます。大聖堂自体はルネサンス様式ですが主祭壇はゴシック様式です。

「トランスパレンテ」

最大の見どころ、祭壇画の裏にあるチェリゲーラ様式と呼ばれるスペイン独自のバロック様式で、その傑作といわれる「トランスパレンテ」(ナルシソ・トメ作)があります。天使や聖母像がきめ細やかな装飾が施され、祭壇上部の明かりとりが付いた天井から差し込む光がひときわ美しさを鮮やかに映し出します。

聖歌隊席

photo credit: DSC_0663 via photopin (license)

photo credit: DSC_0663 via photopin (license)

聖堂の中央にある白い微笑みのマリア像の後ろには上下2段の聖歌隊席があり、上がルネサンス様式、下がゴシック様式に分かれています。16世紀の彫刻家アロンソ・ベルゲーテによる、グラナダ戦争の際、キリスト教徒が入城する場面が彫られています。聖歌隊席の後ろにある創世記のレリーフも見る価値有りです。

聖体顕示台

photo credit: SPAIN2013 via photopin (license)

photo credit: SPAIN2013 via photopin (license)

イサベル女王の王冠や金、銀、宝石などで飾られた聖体顕示台は注目。コロンブスが新大陸(アメリカ)から持ち帰ったといわれる金もその一部に使用した16世紀に造られたもの。高さ3mあり総重量は200kgで、中央は総純金。聖体祭ではキリストの身体を表すパンを収め、トレドの街を行進します。

エル・グレコの作品展示

photo credit: IMG_6223 via photopin (license)

「キリストの聖衣剥奪」 photo credit: IMG_6223 via photopin (license)

聖具室が美術館となっており、エル・グレコの作品が展示されています。エル・グレコの初期の傑作で、キリストが十字架に架けられる直前の姿を描いた「キリストの聖衣剥奪」をはじめ、大聖具室にキリストと十二使徒を描いた一連の作品なども展示されています。他にもゴヤの「キリストの逮捕」(実際に光が当たっているように見える描画も必見)をはじめ、ティツィアーノ、ヴァン・ダイクの作品も見ることができます。

まとめ

薄暗い聖堂内を出ると狭い広場に建てられていることに気が付きます。大聖堂全体の写真を撮るなら市庁舎前の階段辺りがベストです。内部には他にも素敵な天井画があったり、ドラゴンの彫り物があったりどこを見ても絢爛豪華。優美な聖堂をゆっくり巡って、その美しさにいつまでも触れていたいと思わせるスペイン一の規模を誇る大聖堂です。

スペインの世界遺産 古都トレド

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す