photo credit: froutes Schloss Tiefurt bei Weimar via photopin (license)

ティーフルト城



1998年ドイツの世界文化遺産として登録された「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつであるティーフルト城は、ドイツ中央部に位置するヴァイマルにあります。

ティーフルト城とは

ティーフルト城は、ヴァイマル郊外にあり、アンナ・アマーリア公爵夫人の末息子コンスタンティン皇太子が暮らした城館です。新古典主義様式で造られており、もともとはアンナ・アマーリア公爵夫人が夏の離宮として利用していました。

城館内部は、1781~1806年に改築されており、食堂や暖炉の間、音楽の間、ゲーテの部屋などがあり、室内は高価な美術工芸品が飾られています。

ティーフルト城には、広大で美しい庭園もあり、「ミューズの寺院」をはじめとした様々なパビリオンがあります。美しい景観を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごすには、最適な場所です。

ドイツの世界遺産 古典主義の都ヴァイマル

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す