サーメ・バース・スパ

2006年8月7日に英国唯一の天然温泉として、英国随一の温泉地バースにオープンした伝統的な英国式スパ。2000年以上前に発見されてからずっと湧き出ている源泉をスパにひているのが特徴です。ロンドンヒースロー空港の設計などで知られる建築家のニコラス・グリムショウが設計しました。

サーメ・バース・スパとは?

photo credit: DSCF9358 via photopin (license)

photo credit: DSCF9358 via photopin (license)

バース・ストーンを使った石造りの歴史的建造物とモダンな建物が融合した、新旧のコラボレーションが印象的な3階建てのスパ施設です。

アメリカからの観光客に頼っていたバースは、同時多発テロやイラク戦争の影響、周囲の観光都市との競争などで観光客が激減していました。1978年から一旦閉鎖していたこの施設を起死回生の手段として再開発に着手しました。

当初 2002 年のオープンを予定していましたが、トラブルが重なり、予算オーバーなど様々な問題を乗り越えて、入浴可能な温泉スパとして予定より4年遅れて2006年に再オープンしました。

3つの温泉プールと4つのアロマ・スチーム・ルームにレストラン&カフェがあり、20のトリートメントルームや会議室まで完備されています。今では、ヨーロッパを誇るスパタウンと して当時の活気を取り戻しています。

お風呂の特徴

温泉の温度は約35度で低めのお湯にゆっくりと浸かり疲れを癒すのがヨーロッパ式の温泉。男女共用風呂で水着着用必須なので、レストランやカフェにも水着のまま行けて楽ちんです。日本人が考える温泉とは違いどちらかというと温水プールのような雰囲気となっています。

ルーフ・スパ

屋上にあるスパからは、バースの街を一望できる見晴らしの良いオープンエアーの浴場です。素敵に輝くバース大聖堂を見ながら至福のひとときが過ごせます。晴れ渡ったお昼間のプールも気持ちいいですが、夕暮れ時は幻想的な雰囲気に包まれバース・ストーンで建てられた建物がより一層素敵に輝きます。

 ミネルヴァ・バス

ローマの女神に因んで名前が付けられた温泉。曲線の仕切りがされ、マッサージジェットなど色々なタイプのジェットバスが楽しめます。フットバスもあるので疲れた足をゆっくりと癒すことができます。

アロマ・スチーム・ルーム

4つのガラスのブースで仕切られた、最新式のアロマ・スチーム・ルームでは「ユーカリ」「ラベンダー」「ジャスミン」「パイン」など毎日違う香りが楽しめます。スチームルームとシャワールームの両方があり、中央のシャワールームは光ファイバー照明とミストシャワーを満喫でき、とても心地よく体が温まります。

少しリッチにスパ体験

スパではホット・ストーン・マッサージやバンブーマッサージ、一番人気の温泉水の中でマッサージを行うワツなど50種類以上のマッサージを受けられます。イギリスのセラピストは国家資格に準ずる資格が必須となっているので安心してマッサージを受けることができます。事前に予約が必要です。

まとめ

昔も今もイギリス人を魅了する温泉施設。2015年には新しいホテルとスパが増設され、地元の人々からも注目されています。この施設から分岐した源泉が楽しめるイギリス初の温泉ホテルとなっているので期待度もかなり高いようです。

向かいには小さな温泉「クロス・バス」があり、料金と時間が本館とは異なりますが17~18世紀の王族たちにも人気があったスパを再現しています。時間がなく手軽に温泉を楽しみたい方はぜひこちらでイギリスの温泉を満喫して旅の疲れを癒してください。

「サーメ・バース・スパ」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 イギリス
世界遺産名バース市街
名称 サーメ・バース・スパ
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。