photo credit: Bern via photopin (license)

ベルン大聖堂



1405年大火に襲われたベルンの旧市街には、復興へと進むべく、希望となる光が必要でした。着々と復興へ向けて歩み始めていた中、灰と化した街の復興の象徴として建設が始まったのが、ベルン大聖堂です。

1421年に建設が開始されたベルン大聖堂は、アーレ川のほとり、小さな礼拝堂があった場所に建てられました。度重なる工事の中断や宗教改革による破壊などを経て、ようやく完成したのは1893年のことでした。着工から、470年以上の歳月をかけて完成した聖堂は、後期ゴシック様式の壮麗な大聖堂となりました。

ベルン大聖堂の特徴

ひときわ目を引く尖塔は、高さ100mありスイスで一番の高さを誇っています。

さらに、この大聖堂の正面入り口には、彫刻家エアハルト・キュングによって作られた234体の像が表現する「最後の審判」があります。向かって左側には、神に選ばれ天国へ向かうもの、右側には地獄へ行き、永遠の苦しみを味わうものが表現されています。

ステンドグラス

大聖堂内陣には、三面窓を飾る美しいステンドグラスがあります。それぞれ上下2段に分かれており、イエス・キリストの生涯「受胎告知」から「復活」までが描かれています。

大聖堂の尖塔には上ることができ、ベルン市街を一望できる絶好のスポットとなっています。晴れて空気が澄んだ日には、アルプスも見えますよ。

スイスの世界遺産 ベルン旧市街

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す