テート・リヴァプール



テート・リヴァプールは海商都市リヴァプールの湾岸開発地区アルバート・ドッグにある国立美術館。1840年代の赤煉瓦の倉庫を改造して造られています。ロンドンのテート・ブリテンの分館で、1900年以降のモダンアートが中心に展示されています。また、ムーア時代からの展示から現代アート作品まで常設展示の質も高く、不思議の国のアリスなど企画展示も多岐に渡っています。

テート・リヴァプールとは

ロンドン以外のイングランドで最大の展示数を誇る美術館。1840年代に造られたジャッセ・ハートリー設計の倉庫をジェームス・スターリングが改築し1988年に開設されました。

リヴァプール港は貿易港として栄えた街で、テート・コレクションの生みの親でヴィクトリア時代の砂糖王、サー・ヘンリー・テートゆかりの地となっています。

テート・コレクションを扱う他の姉妹美術館(テート・ギャラリー、テート・モダン)と連携を取りながらの展示がされています。また、ヘンリー・ムーアなどイングランド北部に関連する作家の作品などコンテンポラリーな作品が多いのがテート・リヴァプールの特徴です。

見応え充分な展示物

イギリスの美術館としては珍しく、撮影不可ですが、展示物はトリックアートの世界のようなものもあり、とても楽しい時間が過ごせます。展示作品には、本当の風景そっくりの窓から見える風景画や壁から生えている足、マティスやルノアールなど印象派の作品、シャンデリアなど展示内容も豊富です。印象派の展示は裏のサインが見えるよう工夫されているのもポイント高いです。入場無料なので現代アートに興味がある方はぜひ訪れてみてください。

まとめ

イギリスの美術館としては規模が小さく若手の存在ですが1840年代の倉庫の改築など建物も魅力的で、1階にあるカフェからはドッグの様子も見ることができます。

イギリスの世界遺産 海商都市リヴァプール

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す