プレトリとシルク・ローマ



スペイン、タラゴナの円形競技場に肩を並べるほど魅力的な遺跡の一つとされる「プレトリとシルク・ローマ」。

プレトリ

円形競技場|タラゴナの考古遺産群考古学博物館の隣にあり、大きな角塔が目印の遺跡です。紀元前1世紀に建てられたローマ時代のプレトリ(長官公邸)は、中世には王の居城としても使われていました。

奥には1世紀終わり頃にドミシアーノ皇帝の命により造られた円形競技場があり、エンターテインメントやベン・ハーで知られる2頭立ての戦闘用馬車による競技も行われていました。

今では遺跡が修復され歴史博物館となっています。プレトリでは大理石の銅像やローマ時代の壁画など当時の品々が数多く展示され、ジオラマもあり魅力的な空間となっています。また、塔の上からはタラゴナの街や地中海の絶景を望め、地下にあるトンネルも見ることができ見応え有りです。

シルク・ローマ跡

また、競技場に続く石造りのシルク・ローマ跡は、長い地下通路がライトアップされ幻想的な空間となっています。目をつぶると2000年前にこの通路を通っていたローマ人たちの足跡が聞こえるようで歴史ロマンを感じます。

遺跡の街タラゴナの雰囲気を存分に感じられる遺跡に足を運び、石造りの建物と目の前に広がる地中海の景色を心ゆくまで満喫してください。

スペインの世界遺産 タラゴナの考古遺産群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す