スウェーデン門



ラトビアのリガ歴史地区・旧市街の北側にあるスウェーデン門は、スウェーデン統治時代に街で最後に造られた門で、リガ歴史地区内に現存する唯一の城門です。

リガのスウェーデン門とは

リガ歴史地区・旧市街は、18世紀まで多くの塔と門を備えた城壁によって護られていました。1698年に建てられたスウェーデン門は、城壁と塁壁の間にあった建物の一部を改築したもので、「スウェーデン門」という名は、城門向かいにあった兵舎にいたスウェーデン人が頻繁に利用していたため、この名が付けられたと言われています。

実は、このスウェーデン門は、悲しい伝説が残っている事でも有名です。その昔、リガの娘たちは外国人と会うことを固く禁じられていたそうです。しかし、ひとりの娘がスウェーデン兵と恋に落ち、この門で会うようになりました。許されぬ恋をした娘は罰として、壁に埋め込まれたといいます。

そんな悲しい伝説があるスウェーデン門ですが、現代では、新婚カップルの聖地として有名です。スウェーデン門をくぐると幸せになると言われており、新婚カップルが立ち寄る名所となっています。

ラトビアの世界遺産 リガ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す