photo credit: IMG_2060 via photopin (license)

スルタン・ハサン・モスク

スルタン・ハサン・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」・イスラム地区にあるモスクです。

スルタン・ハサン・モスクとは

1356年に着工し、1363年に完成したスルタン・ハサン・モスクは、マムルーク朝建築と代表する建造物の一つです。カイロで最も高い約80mのミナレット(尖塔)を持ち、登頂すると遠くは、ピラミッドまで見ることができます。

モスク正面入り口は、高さ26mもあり、蜂の巣上をした緻密な鍾乳石飾りが施されています。また建物には、ギザのピラミッドの表面を覆っていた化粧石が使用され、内部の礼拝堂には、化粧漆喰と彫刻による繊細な内部装飾が施されています。

スルタン・ハサン・モスクの中庭

スルタン・ハサン・モスクの内部には、4つのアーチ部を持つ中庭があります。これは、チャハル・イーワーン形式と呼ばれ、中庭を中心にして4つのイワーン形式を置く配置構成のことを言います。中庭には、八角形の水場も見どころの一つとなっています。

中庭を通り、最奥部に進むと墓廟があります。墓廟には、スルタン・ハサン・モスクの建設を命じたものの、モスクの完成前に亡くなったマムルーク朝のスルタン ナーシル・ハサンの棺が置かれています。

スルタン・ハサン・モスクは、ほかにも黄金で飾られたミフラーブ、モスクの象徴ともいえる高さ55mのドームなど、多くの見どころを持つ、イスラム芸術の粋を集めた美しい建物です。

「スルタン・ハサン・モスク」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 エジプト
世界遺産名カイロ歴史地区
名称 スルタン・ハサン・モスク
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。