スレイマニエ・モスク



オスマン帝国に最盛期をもたらしたスレイマン1世の命により、1557年に完成したスレイマニエ・モスク。オスマン建築の代表作といわれおり、帝国随一の建築家ミマル・スィナンによって建設されました。「イスタンブルの歴史地区」として世界遺産に登録されています。

スレイマニエ・モスクの建設

スレイマン1世のモスク建設にかける情熱は並々ならぬものがあったといいます。建設に莫大な費用をかけただけでなく、自ら作業員と共に石材を運び、セメントをこねることもあったといいます。

モスクには、4本のミナレット(尖塔)がありますが、これはスレイマン1世がイスタンブルを治める4人目のスルタンであることを意味するといいます。

スレイマニエ・モスク 内部

スレイマニエ・モスク|イスタンブルの歴史地区 (2)高さ53m、直径26.5mの大ドームを戴く礼拝所は、華美な装飾が抑えられ、多くの窓、ステンドグラスからはたくさんの光が差し込んできます。また、モスクには病院や救貧給食所、マドラサ(イスラムの高等教育機関)、隊商宿、バザールといった20もの付属施設も併設されました。

スレイマニエ・モスクは、その後、火災や第一次世界大戦などによって被害を受けますが、その度に修復され現在の姿となっています。

トルコの世界遺産 イスタンブルの歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す