ストラホフ修道院

チェコの世界遺産「プラハ歴史地区」にあるストラホフ修道院は、ボヘミア最古のプレモンストラート会の修道院。

プラハが文化都市として発展し始めた1140年に着工されたストラホフ修道院は、たび重なる戦争や宗教改革の混乱で被害を受けながらも、徐々に規模を拡 大していきました。

ストラホフ修道院の図書館

photo credit: Strahov via photopin (license)

photo credit: Strahov via photopin (license)

17世紀には「神学の間」、 18世紀には「哲学の間」という2つの荘厳な図書館が完成し、その類まれな蔵書は質、量ともにボヘミア随一を誇りました。

800年を超す歴史のなかで集められた蔵書は13万冊に及び、その中心となるのは、約3000冊の写本、約2000 冊の初期木版活字本など、ヨーロッパ各地から集められた貴重な図書です。

ナポレオンがイタリアで略奪した美術品の目録や、その妻マリー・ルイーズからの寄贈本などユニークな蔵書も少なくありません。

ストラホフ修道院では『007カジノ・ロワイヤル』の撮影場所にも使われたことで有名です。

「ストラホフ修道院」のデータ

   
国名 チェコ
世界遺産名プラハ歴史地区
名称 ストラホフ修道院
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す