ノンベルク修道院|ザルツブルク市街の歴史地区|世界遺産オンラインガイド

ノンベルク修道院

ノンベルク修道院は、ザルツブルク市街の旧市街にある修道院で、白い壁とレンガ色の丸い屋根が目印の建物。ザルツブルクのシンボルとなっているホーエンザルツブルク城近くにあります。

ノンベルク修道院とは?

714年に創建されたノンベルク修道院は、ベネディクト派の修道院で、ドイツ語圏で最も古い女子修道院です。聖ペーター教会も設立した聖ルパートによって設立されました

修道院内部は非公開で見学が禁止されていますが、教会は見学が許されています。教会の礼拝堂には、中心に聖母子像、その両脇にはキリストの受難の場面が描かれてあるゴシック様式の主祭壇の装飾衝立があり、また、地下には初代院長の墓所があります。

このノンベルク修道院は、「サウンド・オブ・ミュージック」の主人公マリア・トラップが過ごした修道院としても有名で、映画ファンも訪れる観光名所となっています。

「ノンベルク修道院」のデータ

   
国名 オーストリア
世界遺産名ザルツブルク市街の歴史地区
名称 ノンベルク修道院
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。