聖ペーター教会



聖ペーター教会は、ザルツブツク市街の旧市街にある教会です。

ドイツ語圏最古の男子修道院「聖ペーター教会」

696年に創建された聖ペーター教会は、ドイツ語圏最古の男子修道院で、ノンベルク修道院を創設した聖ルパートによって創設されました。

教会附属の聖堂は、13世紀にロマネスク様式で建設されましたが、その後、17~18世紀にかけてバロック様式のものに改築されました。身廊の天井には、聖ペトロの生涯がフレスコ画で描かれており、荘厳さと優美さを兼ね備えたものとなっています。

聖ペーター教会内墓地

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

教会内の墓地はメンヒスベルクの山肌をくりぬいて作られたカタコンベ(納骨堂)や岩窟礼拝堂などもあり、ザルツブルクで活躍した作曲家ミヒャエル・ハイドン(交響曲の父とよばれたフランツ・ヨーゼフ・ハイドンの弟)もこの墓地に眠っています。

オーストリアの世界遺産 ザルツブルク市街の歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す