聖ペテロ&パウロ教会



聖ペテロ&パウロ教会は、旧市街からやや離れたネリス川沿いにあり、バロックの町と呼ばれるヴィリニュス歴史地区を代表する建物です。

聖ペテロ&パウロ教会

聖ペテロ&パウロ教会は、ロシアからの解放を記念して建造された教会で、1668年から始まった作業は、外観に7年、内装には、30年もの歳月が費やされました。

イタリアから職人を招いて建設された内装は、壁から天井まで覆い尽くすように2000以上の漆喰彫刻が施され、聖人、天使、想像上の獣、植物など多彩で、なかにはリトアニアの戦史を描いたものもあります。

また、これらの彫刻を見渡すと女性の姿が多いが分かります。彼女たちの表情は、太陽から差し込む光の加減によって変化して見えます。これも、職人がすべて計算し製作にあたった結果です。

漆喰彫刻の製作に関しては、イタリア人の職人だけでなく、数百人に及ぶ地元の職人も加わって製作されたといわれています。携わったすべての人達の技術と想像力が集約されていると言っても過言ではありません。

教会建設には、当時の将軍パツァスが資金を出しており、教会入口右側の壁には彼の墓石があります。見事な教会を自身の廟として残すことは、当時最も名誉なこととされていたようです。

聖ペテロ&パウロ教会は、ヴィリニュス歴史地区の記念碑的な建物です。

リトアニアの世界遺産 ヴィリニュス歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す