聖マーティン教会



聖マーティン教会は、世界遺産のひとつ聖オーガスティン修道院より徒歩で約5分にひっそりと佇む石造りの趣ある小さな教会です。イギリスで現在使用されている最古の教会で、イギリスの宗教史にとても重要な役割を担った教会です。6世紀にローマ教皇のグレゴリウス1世からキリスト教布教のために派遣された、アウグティヌスが同所を起点として布教活動したことでも知られています。

イングランド最古のキリスト教会「聖マーティン教会」

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

アウグティヌスが 597 年に布教活動に訪れる前にケント王妃のベルタの私的な礼拝堂として建てられました。建設時期はローマ占領時代が終わった4世紀半ばだと考えられています。教会の基礎部分の煉瓦や教会内にあるタイルの壁などは古代ローマ時代のものです。建物自体はローマ建築ではありませんが、随所に古代ローマ時代の素材が見られるのも見どころです。

教会内部では、古い歴史をもつ真鍮の遺物や洗礼盤を見ることができます。また、アウグティヌスの生涯が描かれたカラフルなステンドグラスも見どころのひとつで、小さいながら温かい光を放っています。ボランティアの方が教会の歴史を無料で語ってくれるので、深い歴史に触れることもできおすすめです。古い石たちが教会の歴史を物語り、小さい教会ならではの温かみのある素敵な教会です。

まとめ

photo credit: DSCF2136 via photopin (license)

photo credit: DSCF2136 via photopin (license)

教会では第1日曜日に音楽会が開かれています。修道士たちによって引き継がれてきた伝統的な音楽会では、ルネサンス様式のミサ曲をカルテットで聞くことができます。敷地内を歩いていると随所に教会やカンタベリーの歴史を感じることができます。また、建物の隣りのお墓には作家のマリー・タートルや画家のトマス・シドニー・クーパーなど有名な人々の墓石も見ることもできます。入場無料なので気軽に訪れてみてはいかがでしょう。

イギリスの世界遺産 カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン修道院及び聖マーティン教会

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す