サン・マルコ広場

『世界でもっとも美しい広場』とナポレオンが称したサン・マルコ広場の起源は、9世紀にまで遡ります。南側は海に面し、船着き場の前に建つ2本の巨大な円柱が人々を迎える、ヴェネツィアの表玄関です。

サン・マルコ広場はイタリアの世界遺産「ヴェネツィアとその潟」に含まれています。

ヴェネツィア唯一の憩いの大広間「サン・マルコ広場」

サン・マルコ広場|ヴェネツィアとその潟2ドゥカーレ宮殿と、サン・マルコ大聖堂を擁するこの広場は、国を挙げての多種多様な祝祭や娯楽の場としても、長く民衆に愛されてきました。

広場を意味するイタリア語「ピアッツァ」が使われるのは、この街ではサン・マルコ広場だけ。他の広場は「カンポ」と呼ばれます。まさにここはヴェネツィア唯一の、憩いの「大広間」なのです。

広場中央には、高さ約100mの鐘楼がそびえたちます。1902年に崩壊しましたが、1912年4月の『聖マルコの祝日』に再建、披露されました。

「サン・マルコ広場」のデータ

   
国名 イタリア
世界遺産名ヴェネツィアとその潟
名称 サン・マルコ広場
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す