聖ローレンス教会



聖ローレンス教会は中国の特別行政区マカオにあり、「マカオ歴史地区」を構成する建築のひとつです。

聖ローレンス教会とは?

聖ローレンス教会は、1558年から1600年にかけてイエズス会によって建設されたカトリック教会で、マカオの教会の中では最も古いもののひとつです。聖ローレンスとは、3世紀にローマ皇帝ヴァレリアヌスの迫害を受けて殉教した聖人です。

船乗りの家族たちは、船乗りが無事に帰ってくるのをここで待ち、祈りを捧げました。

1846年にトマス・アキノによって修復された際に、西洋の建築である教会に中国的要素を取り入れた東西ミックスの様式となりました。

聖ローレンス教会 内部

内部は非常に美しく、特に、聖ローレンスの生涯などを題材としたステンドグラスが有名です。聖ローレンス、キリストの彫像などもあります。ほかにも、豪華なシャンデリアがありますし、クリーム色と白色に統一された壁や柱と空色の天井は、落ち着いていながらとても華麗な印象を与えます。当時、教会周辺には裕福な人々が住んでいたため、このように豪華な仕様になったそうです。

 

平日朝7時30分からと、日曜日の朝7時30分と9時30分からは朝のミサがあります。見学してみるのもいいかもしれませんね!

中国の世界遺産 マカオ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す