photo credit: via photopin (license)

セント・ジャイルズ大聖堂



 

セント・ジャイルズ大聖堂は、ロイヤルマイルの中心に聳える王冠の形をした屋根が印象的なゴシック様式の教会の大聖堂です。1120年に創建され、当時はカトリック教会でしたが1560年にスコットランド教会がローマ法王庁と関係を絶ってからはプロテスタント教会となりました。エディンバラで最も権威のあるスコットランド教会の大聖堂です。

宗教改革の最中に多くの装飾が破壊されましたが、1385年に再建され、内部には優美な曲線のヴォールト天井と大きなパイプオルガン、四方の壁を埋め尽くす美しいステンドグラスなどがあり荘厳な雰囲気に包まれています。1911年に建築家ロバート・ロリマーによって増設されたネオゴシック様式のシスル礼拝堂は必見です。

さまざまな歴史事件の舞台となった聖堂としても知られています。

セント・ジャイルズ大聖堂

王冠の様な形をした搭が印象的な、石造りのゴシック様式の教会。落ち着いた風格ある建物は、独特な雰囲気が漂っています。中心にある4本の柱は建物最古で12世紀のものです。14世紀以降は再建、拡張、改築を繰り返し、名物の冠塔は15世紀に作られたものです。豪華といった雰囲気とは逆に華美な装飾など一切ない重厚感は、スコットランドならではの風景だと思われます。

大聖堂の前には、宗教改革の旗手であるジョン・ノックスの像が建ち、スコットランドの偉人や有名人、スコットランド兵士の記念物や記念碑などもあります。

広い聖堂内には約50の祭壇が設けられ、高く優美な曲線を描くアーチ形の真っ青な天井も見ものです。祭壇は建物の中心にあり、その周りを囲むように椅子が設置されています。よく見ると椅子にはスコットランドの国旗がついたものもあります。

ステンドグラス

photo credit: 09 St Giles via photopin (license)

photo credit: 09 St Giles via photopin (license)

19世紀から20世紀のスコットランド有数のステンドグラスの窓があります。その一部はラファエル前派の画家エドワード・バーン・ジョーンズが作ったものです。中世から残るステンドグラスは残念ながらありませんが、現在も素敵に輝いています。ヴィクトリア窓、バーン・ジョーンズ窓、北窓、ロバートバーンズ窓が有名で、キリスト教の世界や白いユニコーンがスコットランドの紋章の右足を上げたライオンを抱えた物などデザインの美しさも見ものです。

 パイプオルガン

photo credit: Edinburgh via photopin (license)

photo credit: Edinburgh via photopin (license)

1992年に設置された、英国教会の中でも屈指と言われるオーストリア製のパイプオルガンは必見です。ケースは桜の木、4000本以上あるパイプは錫でつくられ、ステンドグラスから注がれる陽の光を浴びて壮麗に輝いています。

音楽演奏の場としても使われ、ランチタイム コンサートやオルガン リサイタル、コーラスなど多彩な音楽を楽しめます。無料の音楽会もあります。

シスル礼拝堂

スコットランド第一の勲位であるシスル騎士団のための礼拝堂です。20世紀に増築された小さなネオゴシックの礼拝堂には見どころが凝縮しています。天井には、アザミ(シスルとはアザミの英語名)の精巧な彫刻で埋め尽くされ、細やかな装飾が施されたオーク材や石の彫刻、バグパイプを持った天使などが見事で見応えがあります。たくさん天使が礼拝堂の中にいるので、時間がある方は探してみてください。

まとめ

photo credit: IMG_3920 via photopin (license)

photo credit: IMG_3920 via photopin (license)

美しいステンドグラスを中心に聖堂内を見ると心が安らぐような気がしてきます。荘厳な雰囲気に包まれゆっくりとスコットランドの大聖堂の雰囲気を感じてみてくださいね。建物内の写真撮影は有料(£2)の許可証が必要です。頼めば英語の無料ガイド付きツアーにも参加できます。長い石造りの螺旋階段を上り屋根の上で記念撮影する有料ツアーもあります。

聖堂近くの舗道には素敵なハート型のモザイクがあるので探してみてください。

イギリスの世界遺産 エディンバラの旧市街と新市街

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す