秦始皇帝陵



秦始皇帝陵は、中国陝西省西安の、驪山の北側にあります。ここから1.5kmほど離れたところにある兵馬俑坑は、この副葬坑です。

始皇帝は、紀元前221年に中国を統一し、中国史上初めての皇帝となりました。

陵墓の建設は、彼が秦王となってからすぐに始められました。約70万人の労働力が投入され、約40年の歳月を費やした後、完成しました。二重の外壁に囲まれ、高さは76mあります。外観は小高い山のようですが、実は、この地下にあるといわれるものがすごいのです。

司馬遷の「史記」によると、地下には宮殿があり、侵入者を射る弓が設置され、水銀の川が流れ、天井には宝石と真珠が散りばめられていたそうです。

これが事実ならば驚くべきことです。

そして、調査により、墳丘の地下30mのところに、東西170m、南北145mの地下宮殿があることが判明しました。なお、水銀の濃度が自然界よりもはるかに高いという調査結果も得られ、水銀の川があったという記述を後押しする裏付けになりました。

こうなると、俄然、内部がどうなっているのか知りたくなりますが、残念ながら、発掘調査は進んでおらず、始皇帝の地下宮殿の姿はヴェールに包まれたままです。

まだまだ、世界をあっと言わせる大発見が眠っているようですね。

中国の世界遺産 秦始皇帝陵及び兵馬俑坑

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す