セビリア大聖堂
(セビリアの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館)



セビリア大聖堂は、スペインで最大の大聖堂であると同時に、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次ぐ、世界で三番目に大きい大聖堂。また、世界最大規模のゴシック建築でもあります。

セビリア大聖堂の建設

そもそもこの大聖堂の建設は、

「後世の人びとが見て、我々は正気の沙汰ではないと思う巨大な聖堂を建てよう」

という提案から始まりました。

セビリアの人びとが誇りに思っているのは、『ヒラルダの塔』の愛称で親しまれている高さ約98mの鐘楼です。

もとはイスラム教徒たちが1198年に建てたモスクのミナレットでしたが、アラベスク模様の壁面など、基本の形を全て残し、鐘や十字架、のちにルネサンス様式のバルコニーとブロンズの女性像などを付け足すにとどめました。

コロンブスの墓

photo credit: DSC06337.jpg via photopin (license)

photo credit: DSC06337.jpg via photopin (license)

セビリア大聖堂にはコロンブスの墓があることでも知られています。

スペインの世界遺産 セビリアの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す