photo credit: froutes Weimar Schillers Wohnhaus via photopin (license)

シラー・ハウス

1998年にドイツの世界文化遺産に登録された「古典主義の都ヴァイマル」の11件ある構成資産のひとつが、シラー・ハウスです。

シラー・ハウスとは

ゲーテ・ハウスから、わずか数百メートルの場所にあるシラー・ハウスは、1802年から1805年まで、シラーが家族とともに暮らした家です。シラーは、1799年ゲーテの招きによって、ワイマール宮廷劇場の顧問役としてヴァイマルを訪れます。そして、1802年シラー・ハウスに転居すると、本格的に劇場運営に携わり始めました。

シラーの代表作「ヴィルヘルム・テル」が執筆されたのも、このシラー・ハウスです。劇場で、初演を迎えた「ヴィルヘルム・テル」は、当時ドイツ中で大きな話題を読んだといいます。

ヴィルヘルム・テルの上演の翌年、シラーは病に倒れ、その後死去。シラー・ハウスでの生活は、わずか3年でしたが、シラーにとって、ヴァイマルでの生活は、劇作家として、またひとりの人間として満ち足りた時間であったのではないかと思います。

シラー・ハウスは、ゲーテ・ハウス同様一般公開されています。シラーの生前の生活の様子が、そのまま保存されていますので、ゲーテ・ハウスとともに、ぜひ訪れて下さい!

「シラー・ハウス」のデータ

   
国名 ドイツ
世界遺産名古典主義の都ヴァイマル
名称 シラー・ハウス
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す