photo credit: Hugo Cadavez Porto 2009-03-28 008 via photopin (license)

サン・フランシスコ教会



サン・フランシスコ教会は、「ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院」の構成資産として世界遺産に登録されています。

サン・フランシスコ教会とは

photo credit: Porto Convention and Visitors Bureau São Francisco Church – Porto via photopin (license)

サン・フランシスコ教会は、1383年にゴシック様式で建てられ、その後、17~18世紀にバロック様式に増改築されました。外観は、質素な造りになっていますが、内部に入ると装いは一変します。

内部は、祭壇だけでなく、天井、壁、柱に至るまで贅を尽くした「ターリャ・ドウラーダ」という金泥細工が施されており、天使や鳥、つる草などの彫刻で覆われています。金は、当時、植民地だったブラジルから運ばれたもので、この過剰ともいえる装飾は、18世紀にポートワインの輸出で繁栄したポルトの富が生み出したものと言えます。

日本人として、ぜひ見ておきたいものが祭壇画です。祭壇画には、長崎やモロッコにおける殉教の場面などが描かれており、布教に訪れた異国の地で起こった出来事です。また、サン・フランシスコ教会には、バロック装飾の極致といわれるキリストの家系図「ジェッセの樹」があり、こちらも見どころのひとつです。

内部は、撮影禁止となっているので、ぜひ、みなさんの目でご覧になってください!

ポルトガルの世界遺産 ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す