サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂はイタリアのローマにあるカトリック教会の聖堂。「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」として世界遺産に登録されています。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂とは?

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は当初、別の場所にあったという説もありますが、現在もローマの人々に 「サンタ・マリア・デッラ・ネーヴェ(雪の聖マリア)」という愛称で呼ばれています。

431年、エフェソス公会議で聖母崇拝が認められた翌年以降、この聖堂は教皇シクストゥス3世によって再建されました。

皇帝ではなく教皇によって造営されたのが特徴的で、「聖母マリア」を冠した聖堂は市内に数多くありますが、「マッジョーレ(大)」 は、ここが筆頭格であることを示しています。

ローマ四大聖堂

上記4つの大聖堂は「ローマ四大聖堂」と言われ、今も世界中から多くの巡礼者を迎えています。

「サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂」のデータ

   
国名 イタリア
世界遺産名ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
名称 サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す