サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会



スペインの「古都トレド」にあるサンタ・マリア・ラ・ブランカは、トレドに残る最古で最大のシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所兼学校)。

ユダヤ教の建物でありながら、馬蹄形のアーチや柱塔に施された装飾は、典型的なムデハル様式で、イスラム教徒の職人によっ て建てられたとされるのもそのためです。

ユダヤ人悲劇の舞台「サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会」

しかし、美しい姿とは裏腹に、ここはユダヤ人の悲劇の舞台でもありました。12世紀から13世紀、町には1万人以上のユダヤ人が暮らし、キリスト教王の下、ユダ ヤ教徒、キリスト教徒、そしてイスラム教徒が共存していました。

ところが1405年、 ドミニコ会の説教師サン・ビセンテ・フ エレルが訪れ、ユダヤ教徒を激しく批判 したのである。これを聴いて激昆したキリスト教徒が暴徒化し、シナゴーグへ押しかけました。そして次々とユダヤ人の喉 もとを切りつけ、崖から突き落とし、殺したのです。

事件後、ユダヤ人がトレドを離れると、 シナゴーグは、キリスト教の聖堂に変えられ、「白い聖母マリアの聖堂」を意味 するサンタ・マリア・ラ・ブランカと名付けられました。後にユダヤ人はトレドに戻 り、数年で元の人口まで回復したものの、 1492年には、ユダヤ人追放令が発せられ、彼らは再びこの地を去らねばならなかったのです。

スペインの世界遺産 古都トレド

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す