photo credit: lostajy Calatayud church via photopin (license)

サンタ・マリア教会の後陣、回廊、塔



サンタ・マリア教会は、スペインの世界遺産「アラゴンのムデハル様式の建築物」の構成資産で、2001年に拡大登録された6件のうちのひとつです。

サンタ・マリア教会の後陣、回廊、塔とは

photo credit: Turol Jones, un artista de cojones CS 24062012 #183924 #76250.jpg via photopin (license)

スペイン・アラゴン州カラタユーにあるサンタ・マリア教会は、街の中心部にあり、もとはモスクが建てられていました。

その後、モスクが取り壊され、14世紀に入りモスク跡に教会が建築されました。

教会は、長い年月をかけ建設されたため、ムデハル、ルネサンス、バロックと様々な建築様式が融合した建物となっています。

世界遺産「サンタ・マリア教会」

photo credit: lostajy Calatayud church tower via photopin (license)

世界遺産に登録されているのは、サンタ・マリア教会の後陣、回廊、塔です。

回廊は、14世紀に造られたもので、スペイン国内にはムデハル様式の建物は多々ありますが、その中でも最も規模の大きなものといわれています。

また、教会の八角形の塔も優美で、こちらもムデハル様式の特徴が随所に表れています。

スペインの世界遺産 アラゴンのムデハル様式の建築物

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す