仁慈堂|マカオ歴史地区|世界遺産オンラインガイド

仁慈堂

仁慈堂(じんじどう)は中国のマカオ特別行政区にあり、世界遺産「マカオ歴史地区」を構成する建築のひとつです。セナド広場の一角にあります。

仁慈堂とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMphoto credit: Santa Casa da Misericórdia via photopin (license)ERA

OLYMPUS DIGITAL CAMphoto credit: Santa Casa da Misericórdia via photopin (license)ERA

大航海時代の幕明けと共に航海に出る人たちが増加し、それによって家族を失い未亡人や孤児になる人も増えました。そのため、彼らを救済するために初代マカオ司教ドン・ベルキオール・カルネイロによって建設されたのが仁慈堂です。

アジア初の慈善施設になりますが、母体は、ポルトガルのレオノール女王によって1498年に創設された慈善福祉団体です。中国で最も古い西洋式の病院でもあり、孤児院や精神病院なども併設していました。

 

仁慈堂の現在の建物は1905年に建てられました。新古典主義様式を主とした建物で、真っ白な外壁が印象的です。現在は公証役場として機能していますが、2階には博物館があり見学可能です。カトリックの宗教画や陶器、カルネイロ司教の頭蓋骨などが展示されています。

 

2階のテラスからのセナド広場の眺めは最高ですよ。広場に敷き詰められた波模様のモザイクがよく見えます。とても静かな場所なので、一息つくのにももってこいです。

「仁慈堂」のデータ

   
国名 中国
世界遺産名マカオ歴史地区
名称 仁慈堂
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。