サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂



 

イタリアのフオーリ・レ・ムーラとは、「城壁外」 を意味します。その名の通り、聖堂は3世紀に築かれたローマの城壁から南方へほぼ2kmの場所にあります。「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」という名称で世界遺産に登録されています。

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂とは?

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂はイエスの使徒サン・パオロが殉教したと伝えられる地に、ローマ皇帝コンスタンティヌ スによって建造されました。

当時は小さな聖堂でしたが、4世紀末、大規模に拡張され、現在の建物の原形ができたのです。奥行き131m、幅65m、高さ30mの聖堂は、16世紀にサン・ピエトロ大聖堂 が改築されるまでローマ一の威容を誇っていました。

特に注目したいのは、入り口から祭壇に向かって延びる4列の大理石の列柱です。それが五廊式の内部を形成しています。

現在の建物は、1823年に屋根職人が起こした火事でほぼ全焼した後、再建されたものです。ときの教皇レオ12世は原形に忠実に修復させたため、今日も初期キリスト教建築が持つ、簡素で心洗われる祈りの空間が体感できます。

13世紀のゴシック様式を伝える祭壇の天蓋や、ヴェネツィア派の手によるモザイク画で飾られた後陣、そして4世紀に造られた凱旋アーチなどは、幸いにして焼失を免れ、往時の面影を残しています。

ローマ四大聖堂

上記4つの大聖堂は「ローマ四大聖堂」と言われ、今も世界中から多くの巡礼者を迎えています。

イタリアの世界遺産 ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す