サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂



サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂は、イタリアのローマにあり、世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」のひとつです。ラテラノ宮殿に隣接しています。

これら3つの大聖堂と共に、ローマの四大バシリカ(古代ローマ様式の教会堂)のひとつに数えられます。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂の歴史

古代ローマ時代、この場所にはラテラヌス家という有力者の邸宅がありましたが、皇帝により所領を没収されます。そしてコンスタンティヌス帝妃ファウスタの邸宅となっていましたが、コンスタンティヌス帝がキリスト教を公認した後、キリスト教徒にこの場所を寄進しました。

以降、教皇が暮らすようになるとラテラノ宮殿と呼ばれるようになり、大聖堂は司教座を有する聖堂「カテドラル」となったのです。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂が他の聖堂と違ったのは、ローマ司教としての教皇が在籍した点でした。「救世主大聖堂」、「全カトリック教会の司教座聖堂」と呼ばれ、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂よりも格上の存在なのです。

324年、教皇シルウェステル1世により献堂式が行われ、「世界の母なる聖堂」と称されました。

10世紀には、セルギウス1世が、ローマ唯一の洗礼堂として以後長く尊重されることとなる洗礼堂を新築し、洗礼者ヨハネに奉献しました。12世紀には、ルシウス2世が聖堂と宮殿を福音記者ヨハネに奉献し、2人のヨハネを記念する聖堂となります。

ところが、1309年にアヴィニョン捕囚が起こり、フランスのアヴィニョンに聖座(教皇庁)を移されてしまいます。1377年にこれが解消されるまでの間、2度の火災にも見舞われ、宮殿と大聖堂は一気に荒廃してしまいました。教皇も荒れ放題の宮殿には戻れず、以後はバチカンに居を移すことになります。

16世紀になると、シクストゥス5世はドメニコ・フォンターナに命じ宮殿と大聖堂を修復します。このときに2つが切り離されました。17世紀にはフランチェスコ・ボッロミーニによって大聖堂内の装飾が行われ、1735年にはファサードが完成し、現在の姿となりました。

1929年にはラテラノ宮殿においてローマ教皇とムッソリーニの会談が行われました。このときのラテラノ条約によって、バチカン市国が成立するのです。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂の建築

建造当初は古代ローマのバシリカ式建造物でしたが、1735年に設置した新たなファサードはバロック様式で、バシリカ式の痕跡を消し去ってしまいました。

しかし、ボッロミーニによるバロック風の内装は絢爛豪華で、ローマ教皇の威容と歴史を感じさせるものになっています。

身廊の両脇には12使徒の像が置かれています。祭壇は教皇専用のものです。

また、聖遺物として、聖ペテロと聖パウロの頭蓋骨の一部が保管されています。

25年に1度開けられる「ポルタ・サンタ(聖なる扉)」

25年ごとに訪れる聖年のときのみ開かれるポルタ・サンタ(聖なる扉)があり、そのときには多くの信者が押し寄せます。

 

大聖堂前の広場には、エジプトから運ばれてきたオベリスクがあります。ラテラノ宮殿とこのオベリスクと大聖堂、合わせて見学するのがおすすめですね。

イタリアの世界遺産 ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す