photo credit: Quito Old Town via photopin (license)

サン・フランシスコ聖堂・修道院
(キトの市街)



エクアドルの世界遺産「キトの市街」にあるサン・フランシスコ聖堂・修道院は、南アメリカ大陸最古の歴史を誇る聖堂・修道院です。

サン・フランシスコ聖堂・修道院とは

サン・フランシスコ聖堂・修道院は、スペインによる征服後の1535年にフランドル出身のフランシスコ会士ホドコ・リッケが中心となって建設が始まりました。

完成までに、70年以上の歳月を要して建設され、キトで最も風格ある佇まいは「アンデスのエル・エスコリアル宮殿」と称されています。

サン・フランシスコ聖堂・修道院に付属する教育機関では、先住民のために神学と美術を教えていました。この教育機関は、南アメリカ初の工芸学校で、のちに南アメリカ美術の一派である「キト派」という様式と集団を生み出すこととなります。

また、17世紀から18世紀にかけて優れた宗教美術が生まれ、それらは聖堂内部や附属の博物館で見ることができます。特に、黄金に輝く祭壇はバロック様式の豪華絢爛たるもので、ねじれのある柱や華麗な彫刻などは、先住民による美術的な影響が如実に表れています。

エクアドルの世界遺産 キトの市街

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す