サント・オべールの礼拝堂



サント・オベールの礼拝堂は、フランスのモンサンミッシェルに建つ礼拝堂です。世界遺産「モンサンミッシェルとその湾」の構成資産となっています。

サント・オベールの礼拝堂とは?

photo credit: p1060256 via photopin (license)

photo credit: p1060256 via photopin (license)

サント・オベールの礼拝堂は、モンサンミッシェルの北西端に15世紀に建てられた礼拝堂です。708年にモンサンミッシェルに聖堂を創建した司教オベールを祀っており、屋根に聖オベールの像が設置されています。オベールはその功績によって、聖(サント)オベールと呼ばれるようになりました。

島の外れにあるため、観光ルートからは少し外れています。岩場にあり、2ヶ所の階段から登っていくことができますが、滑りますので注意が必要です。満潮時には、礼拝堂の岩場まで海面が上昇してくるので、行くならば干潮時が良いでしょう。中には聖母子像がありますが、入ることはできないようです。

 

混雑するモンサンミッシェルの中にあって、静けさを保っている唯一の場所ともいえます。喧騒から逃れてちょっと一息というのには良いかもしれませんね。

フランスの世界遺産 モンサンミッシェルとその湾

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す