photo credit: Mount Ruapehu via photopin (license)

ルアぺフ山
(トンガリロ国立公園)



ニュージーランドの世界遺産「トンガリロ国立公園」内にある3つの活火山のうちの一つルアぺフ山は、園内で最も火山活動が活発な山です。

ルアぺフ山とは

photo credit: IMG_0495 via photopin (license)

photo credit: IMG_0495 via photopin (license)

標高2797mを有するルアぺフ山は、3つの峰があり、その中の一つタフランギ峰が、ニュージーランド北島で最高峰です。ルアぺフとは、マオリ語で「音のする穴」「爆発する穴」という意味。1995年、1996年には大規模な噴火を記録しており、山の上部には噴火の際の泥流の跡が残っています。

ルアぺフ山の頂上付近は、岩場や砂礫地が広がり、巨大なクレーターを見ることができ、地球とは思えないような光景が、眼下に広がっています。それらの光景は、有名な「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地として使用されており、劇中で「滅びの山」として登場しています。

ルアぺフ山は、夏でも溶けない万年雪で覆われている氷河があります。スキー場もあり、冬には、多くのスキー客で賑わっています。

ニュージーランドの世界遺産 トンガリロ国立公園

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す