王立展示館
(王立展示館とカールトン庭園)



オーストラリア南東部メルボルンにある「王立展示館」は「カールトン庭園」とともに、「王立展示館とカールトン庭園」として、2004年オーストラリアの世界文化遺産として登録されました。

王立展示館とは

photo credit: Grieve via photopin (license)

photo credit: Grieve via photopin (license)

オーストラリア南東部メルボルンにある「王立展示館」は、1880年に開催された万博博覧会のために造られました。設計者はメルボルン市庁舎やビクトリア州立図書館を設計したジョセフ・リード。

メルボルン万博の後、1888年には、ヨーロッパによる植民地化から100周年を記念したオーストラリア植民地百周年記念国際博覧会の会場として、そして1901年には、第1回連邦議会の会場として使用されました。

王立展示館は、ビザンチン、ロマネスク、ルネサンスなど様々な建築様式を融合したヨーロッパ風の建築物で、中央に美しくそびえるドームが特徴的です。この凝った建物の建設には多くの費用がかかりましたが、当時のオーストラリアはゴールドラッシュに湧いており、財政が豊かであったため問題なかったそうです。

王立展示館 館内

館内のホールは、19~20世紀初頭にかけて世界各地で開催された万博会場の典型例で、万博の歴史を現代に伝える貴重な建造物です。

今でも展覧会やイベントなどとして使用されている王立展覧会は、観光客だけでなくメルボルンの人々も訪れる賑わいある場所となっています。

オーストラリアの世界遺産 王立展示館とカールトン庭園

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す