ロシェ・デ・ドン(ドンの岩壁)



ロシェ・デ・ドン(ドンの岩壁)はフランス南部アヴィニョンにあり、「アヴィニョン歴史地区」の一部として世界遺産に登録されています。

アヴィニョンのゆりかご「ロシェ・デ・ドン(ドンの岩壁)」

ロシェ・デ・ドン(ドンの岩壁)は、アヴィニョン教皇宮殿の裏手にある岩壁のことです。高さ30mある天然の要塞で、街の起源とされています。

現在はロシェ・デ・ドン公園となっており、市内を走るプチトランが園内を走るなど交通の便が整備されています。

photo credit: 26th October via photopin (license)

photo credit: 26th October via photopin (license)

また、ここは見晴らしが大変よく、ローヌ川やアヴィニョン橋(サン・ベネゼ橋)、対岸を見渡すことができます。公園内には、数千年前に先住民が住んでいた洞窟があり、ロシェ・デ・ドンは「アヴィニョンのゆりかご」とも呼ばれています。

 

公園の池でスワンボートに乗ることもできます。鴨や白鳥と一緒に遊んでいるような気分になりますよ。

フランスの世界遺産 アヴィニョン歴史地区:教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す