リアルト橋

リアルト橋はイタリアの「ヴェネツィアとその潟」を構成する遺産のひとつとして、世界遺産に登録されています。ヴェネツィアを流れる運河「カナル・グランデ」にかかる橋のひとつで、別名「白い巨象」とも呼ばれています。

リアルト橋建設まで

リアルト橋は、カナル・グランデにかかる4つの橋のうち最も有名で大きなものです。長さは48m、幅22mで、水面からの高さは7.5mあります。

この付近は海抜が高いため水害に遭うことが少なく、人々は自然とこの地に集まり都市を形成しました。リアルト橋は初期のころは木製の跳ね橋でしたが、耐久性の問題や火災などにより建て替えることになったそうです。

そして、16世紀にアントニオ・ダ・ポンテの案が採用され、石造りの橋として生まれ変わりました。橋の下を船が通ることを念頭に置いた設計で、アーチは単一の太鼓橋です。

 

photo credit: Frollo Rialto via photopin (license)

photo credit: Frollo Rialto via photopin (license)

現在は橋の上にアーケードが設けられ、欄干と手すりも設置されています。広い橋の上には商店があるほどです。

リアルト橋から眺めるカナル・グランデの眺めの素晴らしさが有名です。ぜひとも、昼間と夜と、どちらも見てみてくださいね。

イタリアの世界遺産 ヴェネツィアとその潟

この記事をシェアする

 

こちらもおすすめです!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す