カリエール広場

カリエール広場はフランスのロレーヌ地方の都市ナンシーの中心部にあり、スタニスラス広場、アリアンス広場と共に世界遺産に登録されています。(ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場

カリエール広場とは?

カリエール広場の起源は16世紀に遡るといわれています。当時はここで馬上槍試合が行われていました。広場の名前は、カリエール=競技場という意味に由来しています。

この広場はスタニスラス広場に面している凱旋門を挟み、北側にあります。細長い形をしており、北側にはロレーヌ官邸やロレーヌ公宮殿があります。ロレーヌ公宮殿はバロック式の建物で、現在はロレーヌ歴史博物館となっています。

スタニスラス広場と同様、中世の旧市街と16~17世紀の新市街を統一する都市計画の一部とみなされていました。

 

ナンシーの街は美味しいスイーツがたくさんあることで有名です。広場散策をしながらのスイーツ巡りも楽しいと思いますよ。

「カリエール広場」のデータ

   
国名 フランス
世界遺産名ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場
名称 カリエール広場
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す