photo credit: baptistry via photopin (license)

ピサの洗礼堂
(ピサのドゥオモ広場)



ピサの斜塔ピサ大聖堂があるイタリアの世界遺産「ピサのドゥオモ広場」。この広場にある円筒形の建物がピサの洗礼堂です。大聖堂の西側に位置しています。

ピサの洗礼堂とは?

洗礼堂の直径は約35m、高さは54.85mあります。白大理石でできており、下部は列柱とアーチによるロマネスク様式、上部は尖塔を有するゴシック様式になっています。

1152年にディオティサルヴィの設計によって着工しましたが、完成までには約200年強を要しました。

13世紀にはニコラ・ピサーノとジョヴァンニ・ピサーノの親子によってゴシック様式が取り入れられ、14世紀半ばにほぼ現在の形が整ったそうです。

内部はシンプルで、中央に洗礼盤があり、奥に説教壇があります。

説教壇

設計の一部を手がけたニコラ・ピサーノによる説教壇。13世紀に作られました。ピサーノ親子はここのほとんどの彫刻を創作しています。

 

天井がとても高いので、音響効果が素晴らしいと有名です。1時間に2回、ガイドの方がデモンストレーションをしてくれるそうなので、それをぜひご覧になってみてください!

イタリアの世界遺産 ピサのドゥオモ広場

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す