プティ・パレ
(パリのセーヌ河岸)



 

プティ・パレは1900年のパリ万国博覧会の際に美術展示場としてシャンゼリゼ大通りの端に建設された、新古典様式の美しく小さな宮殿。

地下へと続く繊細な模様が施された手すりを持つ美しい螺旋状の階段や天井画やレリーフが配されたホールなどとても魅力的です。

パリ市立プティ・パレ美術館

イオアニ式列柱や彫刻が施されたファサードには大きな窓があり、建物そのものがフランス美術界の装飾美術を垣間見ているようで見応えがあります。

1902年にパリ市所蔵の美術作品を展示する施設となり、自然光の光のみで、モネの「ラヴァクール」など19世紀から20世紀の印象は巨匠の絵画を見ることができます。

プティ・パレはパリ市所有の美術館で、常設展示は入場無料。

多岐に渡るジャンルの美術作品が展示され、中世、ルネサンス期美術品と18世紀以降のフランス芸術家の作品の2部構成となり時代の流れが分かりやすい展示も魅力です。

2005年に大改装が行われかつての雰囲気はそのままで、より壮麗になり明るく開放的な空間へと変身しました。

プティ・パレの中庭

また、ホール奥の大きな窓からは、南国の木々が植えられた中庭や回廊まで見渡せます。中庭に出れば回廊の列柱沿いを一周でき、自然を見ながら寛げるセルフサービスのカフェもあります。また、パリ万博のシンボルのグラン・パレと道を挟んだ所にあるので、合わせて足を運んでみてはいかがでしょう。

フランスの世界遺産 パリのセーヌ河岸

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す