photo credit: blondinrikard Pasargadae via photopin (license)

パサルガダエ庭園

2011年にイランの世界文化遺産として登録された「ペルシャ式庭園」の9つの構成資産のひとつが、パサルガダエ庭園です。

パサルガダエ庭園とは

photo credit: Travelling Runes IMG_0921 via photopin (license)

photo credit: Travelling Runes IMG_0921 via photopin (license)

イラン・ファールス州にあるパサルガダエ庭園は、2004年に世界文化遺産に登録された「パサルガダエ」の庭園です。紀元前6世紀ハカーマニシュ朝時代に造営された庭園は、「ペルシャ式庭園」の中で最古の庭園といわれています。

パサルガダエ庭園は、ゾロアスター教の4つの元素である「水」「土」「空」「火」に分けられており、のちにペルシャ式庭園の基本となる様式「チャハルバーグ」となっています。

チャハルバーグは、4つの川と4つに分割された円が世界を意味しており、当時の人々が考えていた「エデンの楽園」を表しています。

「パサルガダエ庭園」のデータ

   
国名 イラン
世界遺産名ペルシャ式庭園
名称 パサルガダエ庭園
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す