フォンテーヌブロー庭園

フォンテーヌブロー庭園は、フランスのセーヌ=エ=マルヌ県にあるフォンテーヌブロー宮殿に併設した庭園です。

宮殿と共に「フォンテーヌブローの宮殿と庭園」として世界遺産に登録されています。

フォンテーヌブロー庭園とは?

この庭園には、ルネサンス庭園と英国式庭園があります。ルネサンス庭園は、16世紀にフランソワ1世とアンリ4世によって整備されました。幾何学模様が図案化された花壇は、ここで初めて造られたそうです。

大運河

アンリ4世は庭園に全長1200mもの運河を建設しました。ここで釣りができるほどです。

その後、ルイ14世がアンドレ・ル・ノートル(ヴェルサイユ宮殿の建設にも関わった)に命じ、ヨーロッパで最も広い花壇を造らせました。

鯉の池、東屋

鯉の池と呼ばれる池の側には、ルイ14世がルイ・ル・ヴォーに命じて建設した東屋があります。

英国庭園

一方、英国庭園はナポレオン1世によって現在の形に整えられました。庭園の中央にはディアンの噴水があり、この庭園はディアンの庭園と呼ばれています。

 

宮殿の見どころが満載なだけに、庭園はとてもシンプルな感じがします。しかしのんびり散策したり休憩するにはとても良い場所ですよ。

「フォンテーヌブロー庭園」のデータ

   
国名 フランス
世界遺産名フォンテーヌブローの宮殿と庭園
名称 フォンテーヌブロー庭園
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す