photo credit: Udo Schröter Weimar 63 via photopin (license)

イルム公園

イルム公園は、イルム川沿いにある大きな森を有する公園で、ドイツの世界遺産「古典主義の都ヴァイマル」の構成資産のひとつです。

イルム公園とは

photo credit: Lars K. Jensen Park an der Ilm [7/22] via photopin (license)

イルム公園は、カール・アウグスト公に招かれたゲーテが最初に住んだ家があることで有名です。ゲーテの最初の住まいは、木造2階建ての建物で「ガルテンハウス(庭園の家)」と呼ばれています。ゲーテは、イルム公園のある大きな森をイギリス庭園のように造園することに熱中し、またイルム公園を一望するガルテンハウスで、数多くの詩を作ったといいます。

ゲーテは、ガルテンハウスに収集した書物や美術品、鉱物標本などをコレクションしていました。しかし、それらのコレクションは、膨大な数となりガルテンハウスに収納しきれなくなったといいます。そのため、街の中心部に近いゲーテ・ハウスへ引っ越したそうです。

「イルム公園」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 ドイツ
世界遺産名古典主義の都ヴァイマル
名称 イルム公園
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。