photo credit: DSC_6477 via photopin (license)

グエル邸
(アントニ・ガウディの作品群)



カフェや花屋、露店が並ぶ海に向かってのびるランブラス通りにある、エウセビ・グエル氏から依頼を受けてガウディが設計を手掛けた豪華な邸宅。1886年から1890年にかけて造られたガウディ初期の代表作といわれています。スペインの世界遺産「アントニ・ガウディの作品群」の1つです。

企業家、地主、政治家でもあったグエル氏はこの邸宅を建築にはお金に糸目をつけず贅を尽くして造りました。ガウディのパトロンであったグエルは、この邸宅にモデル二スモ建築の最高峰を目指したと考えられています。

また、建築終了後の修理を一切必要とせず、ガウディ自身の才能が発揮されている作品で、当初は別邸として建設しましたが、でき栄えに大満足したグエルはこちらを本館として使用しました。現在はバルセロナ市庁の所有となり一般公開されています。

グエル邸 エントランス

photo credit: Palau Güell via photopin (license)

photo credit: Palau Güell via photopin (license)

エントランスは精密な鍛造技術を施した2つのアーチ型の鉄格子門とカタルーニャの紋章、その上にある不死鳥の重厚なオブジェが目を引きます。ファサード上には家主グエルのイニシャルがデザインされ、基盤には石を使用。

その上に断熱性のある粘土が上張りされ造られた外壁も見事です。外観を見るとガウディが、スペイン美術の原点の一つ「ムデハル様式」を用いはじめていることが分かる貴重な作品ともいえます。

グエル邸 屋根

双曲線を描いた丸い屋根が印象的で、屋上には違ったデザインの全20本の煙突があり内14本はガウディ独自の手法で細かく砕いたカラフルなタイルやガラス、陶器が使われています。

そのカラフルな煙突はガウディらしさと才能を感じます。また、中心には中央サロンへの採光用の15mの小塔があり、床にはレンガ色をしたタイルが使われ、屋上全体はポップ&メルヘンチックな世界が広がっています。

グエル邸 内部

内部はガウディならではの奇抜なスタイルが随所に見られますが、実用性におけるクオリティの高さには驚かされます。

家に入ってすぐの床はレンガと思いきや木を組合せたレンガ模様で、おしゃれ感と足元の柔らかさ、靴音が響かない消音を考慮した造りとなっています。家全体が機能性と実用性にデザイン性を兼ね備えた暮らしやすさを追及した邸宅です。

馬車用の厩舎

photo credit: DSC_6485 via photopin (license)

photo credit: DSC_6485 via photopin (license)

大きな見どころの一つには地下にある馬車用の厩舎。正面入り口には馬車も入る大きな玄関があり、地下に続く螺旋状のスロープや天井のシンプルなタイルには手工芸技術が垣間見られるタイル使いが魅力的。

厩舎は細かい石が積み上げられた21本の柱がアーチ状に天井を支えており、この柱が6階建ての屋敷をも支えています。柱にはグエル氏が飼っていた馬をつなぐための金具が残されています。

1階の正面玄関から中2階へ続く大理石の柱に支えられた豪華な階段を上がると小さな書斎がありその上にはメインフロアがあります。

9つもの部屋があり、幾何学模様に寄木細工を組み込んだ天井やカラフルなステンドガラス、手すりが背もたれとなったベンチなど魅力的な世界観が広がっています。

中央サロン

photo credit: PalauGüell10 via photopin (license)

photo credit: PalauGüell10 via photopin (license)

中央サロンは見逃せません。コンサートが行われた時の観客席で、絵画コレクションや金箔が貼られた壁などはまさに上流階級の社交場といった雰囲気。内階段にはグエルの胸像も飾られています。

吹き抜けのドーム天井から注がれる自然光は穏やかな空間を造りだし、上部にはパイプオルガンのパイプが見えます。この家の特徴である楽団室では特別な行事に楽団を呼んで生演奏が披露されたり、上部にあるパイプオルガンの演奏もされていました。

 

また、プライベートルームにはグエルが好んだシェークスピア作品の登場人物をモチーフにしたステンドグラスなど、グエルの趣味に合ったものが随所に取り入れられ、当時のブルジョワらしい生活ぶりが感じられます。

アントニ・ガウディの良き親友であり、最大のパトロンであった実業家エウセビ・グエル。グエル邸はガウディが何度もグエルと話し合いながら築き上げた、二人のモデルニスモ建築の思いが込められた邸宅といえるでしょう。

スペインの世界遺産 アントニ・ガウディの作品群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す