聖母大聖堂



聖母大聖堂は、ベルギーの世界遺産「ブルージュ歴史地区」の構成資産のひとつで、聖血礼拝堂ペギン会修道院の中間にあります。

聖母大聖堂とは

photo credit: Cha già José Onze-Lieve-Vrouwekerk via photopin (license)

photo credit: Cha già José Onze-Lieve-Vrouwekerk via photopin (license)

高さ122mのレンガの塔がひときわ目を引く聖母大聖堂は、13~15世紀にかけて建造され、その間、何度も改修がされたため、さまざまな建築様式が混在しています。

ブルゴーニュ公国時代には、シャルル公爵家の礼拝堂となり、公爵の娘であるマリーとハプスブルク家のマクシミリアンの結婚式も聖母大聖堂で行われました。

マリーは、ブルージュ市民から愛された女性でしたが、25歳という若さで事故により亡くなってしまいます。彼女の遺体は、聖母大聖堂の霊廟に安置され、隣には父であるシャルル公爵の霊廟もあります。

聖母子像

photo credit: Bods Madonna and Child via photopin (license)

photo credit: Bods Madonna and Child via photopin (license)

聖母大聖堂には、ミケランジェロ作の「聖母子像」があることでも有名です。

ミケランジェロの彫刻作品がイタリア国外に持ち出されるのは、非常に稀で、ブルージュを代表する宝といわれています。

また、この聖母子像は、2014年公開の「ミケランジェロ・プロジェクト」に登場する、聖母子像でもあります。

ベルギーの世界遺産 ブルージュ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す