新博物館(ベルリン)

新博物館は、1999年ドイツの世界文化遺産として登録された「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。

新博物館(ベルリン)とは

新博物館は、1859年にフリードリヒ・アウグスト・シュテュラー(カール・フリードリヒ・シンケルの弟子)が設計し、建設されたものです。

第2次世界大戦の戦火で外壁だけが残り、廃墟となっていましたが、21世紀に入り第2次世界大戦前の姿に修復、復元され、2009年に再開館しました。

新博物館の所蔵品

photo credit: Queen Nefertiti via photopin All rights reserved by the author

photo credit: Queen Nefertiti via photopin All rights reserved by the author

新博物館の一番の見どころといえば、古代エジプト美術の最高傑作といわれる「王妃ネフェルティティの胸像」。ベルリンで最も美しいといわれる美女を、しっかりと目に焼き付けてください。

また、エジプト美術や先史時代のものも数多く所蔵されており、見ごたえのある博物館となっています。

「新博物館(ベルリン)」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 ドイツ
世界遺産名ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)
名称 新博物館(ベルリン)
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。