国立海洋博物館



広い緑の中に堂々と建つ1703年に建設された壮麗な外観が印象的な博物館。1998年まで国立海軍学校として使われ、国海軍の歴史が全て分かるといっても過言ではないほど充実した内容の博物館です。英国海事史ゆかりの地グリニッジに訪れたなら外せない観光スポットです。

無料で英国海軍の歴史を満喫

photo credit: IMG_1105 via photopin (license)

photo credit: IMG_1105 via photopin (license)

英国海軍の歴史に興味がある方はもちろん、テーマを通して子供から大人までみんなで楽しめる博物館。館内には、トラファルガーの海戦とネルソン提督に関してのコーナーやキャプテン・クックの探検の軌跡など、島国英国の海を通しての発展が垣間見れます。

船好きにたまらない博物館の見どころ

ネルソン提督がトラファルガーの海戦で着ていたという軍服が展示してあるネルソンズ・ネイビーや帆船の模型や磁気、ティー・クリッパー達がスピードを競って中国から紅茶を運ぶ様子やイギリス海軍に関する様々な絵画などもとても魅力的です。

150年もの間独占を続けた東インド会社の躍進や、当時の海外旅行や移住の背景が見もの、P&Oクルーズのパッセンジャーズとその外には1732年に造船された、フレデリック王子の豪華な艀(平底の船舶)が展示も見る価値ありです。

また、子供も大興奮のザ・ブリッジという船舶操縦体験もシュミレーター方式で体験できます。

まとめ

館内は写真撮影禁止のところが多く残念ですが、パッラーディオ様式のファサードを持つ素敵な外観や広大なスペースに飾られた展示の数々は魅力的なのに、無料で気軽に楽しめます。内容もかなりのボリュームなので、2時間は時間を割いて訪れてほしいスポットです。

イギリスの世界遺産 マリタイム・グリニッジ(海事都市グリニッジ)

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す