革命博物館



革命博物館は、オールド・ハバナの中心地にあり、正面の戦車が印象的な建物です。

革命博物館とは

革命博物館は、1920年に大統領官邸として建造され、第3代大統領マリオ・ガルシア・メノカルから第14、17代大統領フルヘンシオ・バティスタ・イ・サルディバルまでの大統領が官邸として使用していました。アーチと回廊が建物の周囲を囲むスパニッシュ・コロニアル様式の壮麗な建物は、まさに大統領官邸に相応しい造りとなっています。

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

革命博物館が、現在の役割を担うようになったのは、1959年のキューバ革命後のことになります。

館内には、キューバ革命に関する資料や写真、武器などが展示されており、また南前庭には、エルネスト・チェ・ゲバラやフィデル・カストロら革命軍が、フルヘンシオ・バティスタ・イ・サルディバル大統領が率いる政権を倒すためキューバに密航した際のヨット(グランマ号)が展示されています。

その他、革命時に使用した車や戦闘機なども展示されており、革命の様子を知ることができる貴重な場所となっています。

キューバの世界遺産 オールド・ハバナ(ハバナ旧市街)とその要塞群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す