アムル・イブン・アル=アース・モスク



アムル・イブン・アル=アース・モスク(ガーマ・アムルとも呼ばれる)は、エジプトの首都カイロにあります。「聖ジョージ教会」や「聖セルジウス教会」などが残るオールドカイロ、「アズハル大学」などがあるイスラム地区旧市街などとともに、カイロ歴史地区として1979年に世界遺産に登録されました。

アムル・イブン・アル=アース・モスクとは

アムル・イブン・アル=アース・モスクは、エジプト初であり、かつアフリカ初のイスラム寺院として642年に建設されました。アムル・イブン・アル=アースという名は、641年にエジプトを征服したアラブ軍総司令官アムル・イブン・アル・アースに由来しています。また、アムル・イブン・アル=アースが建設された場所は、かつてビザンツ軍の拠点バビロン城を攻める際に建てたテント(フスタート)があった場所に建立しました。

建設当時のモスクは、日干しレンガの壁、屋根にはヤシの葉を葺いただけの質素なもので、イスラムの特徴であるミナレットはありませんでした。しかし、首都であるフスタートが繁栄するにつれ、イスラム教徒も増え、アムル・イブン・アル=アース・モスクも拡張され、ミナレットも建設されました。その後、アムル・イブン・アル=アース・モスクは、火災や地震などによって修復再建を繰り返し、現在の姿の大部分が18世紀に建築されたものです。

アムル・イブン・アル=アース・モスクは、男性と女性入り口が別々となっています。また、あくまで厳粛な祈りを捧げる場であることを忘れず、腕や肩が隠れる服装で訪れてください。

エジプトの世界遺産 カイロ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す